試合レポート【ZETT GRANDPRIX 関東地区大会決勝】

tournament

11月とは思えない暖かい日差しに包まれた神奈川県平塚市の川沿いにある大神グラウンドで、ゼットグランプリ関東大会決勝トーナメントの運営を担当させていただきました。

1回戦第1試合はタイブレークでも決着がつかずジャンケンで運を味方にしたFish、第2試合は関東大会初戦をコールドで勝利した勢いのままTG・OUTSIDER、両チームが決勝へと駒を進めました。

声援を受けエースがTG・OUTSIDERを全国へ導く!

常にベンチから声が飛び交うTG・OUTSIDER。その声援に応えたエース鈴木投手が7回3安打1失点(自責0)の快投を見せ、TG・OUTSIDERが大阪行きの切符を手にしました。

決勝戦 快投を見せたTG・OUTSIDER鈴木投手

1回裏TG・OUTSIDERの攻撃。先頭の神戸選手が俊足を活かし出塁し、盗塁を決めます。その後1アウト一二塁の場面で4番田村選手のレフト前安打の間に二塁ランナー神戸選手がホームを狙いますが、Fishレフトを守る加藤選手の好返球によって得点を奪うことができません。

好返球を見せたFish加藤選手(背番号1)

初回を両チーム無得点で終え2回表Fishの攻撃。
この回先頭の4番冨島選手が相手のエラーを誘い出塁すると、続く河合選手はレフト前安打でつなぎます。6番鴨川選手の送りバントでランナーを進めプレッシャーを与えると、7番加藤選手の打席でバッテリーエラーの間に冨島選手がホームを陥れ先制に成功します。

レフト前安打でチャンスを演出するFish河合選手

先制され、尚も2アウト三塁のピンチが続くTG・OUTSIDER。Fish8番野口選手が放った打球がレフト前に落ちるも、レフト神戸選手の好送球によってアウトをもぎ取り、追加点を許しません。

俊足のTG・OUTSIDER神戸選手 レフトの守備でも魅せます

するとその裏、2アウト走者無しの場面。TG・OUTSIDER8番上吉原選手がレフト頭上を越えるホームランを放ち、試合を振り出しに戻します。

TG・OUTSIDER上吉原選手 ホームランの瞬間

次に試合が動いたのは5回裏。TG・OUTSIDERが相手のエラー等で効果的に1点を挙げ、6回には2アウト二三塁の場面に7番半田選手のタイムリーツーベースで2点を追加します。その後7回表を三者凡退で抑え、全国大会出場を決めました!

午後になると風で砂の舞う河川敷。決して恵まれた環境ではない中、どのチームも常にポジティブでとても気持ちの良い試合でした。
運営にもご協力いただき、ありがとうございました!!

ZETT GRANDPRIX
http://pridejapan.net/zett/

コメント

タイトルとURLをコピーしました