試合レポート【蒲郡オレンジ杯準決勝】

tournament

20210724Sat

愛知県蒲郡市にて3日間で開催された全国学童軟式野球大会。
蒲郡市公園グラウンド野球場にて行われた準決勝の模様をお伝えします。

1回戦レポート>>1st
2回戦レポート>>2nd
決勝戦レポート>> final

ペイフォワード(愛知) vs 豊田サンボーイズ(愛知)

初回からペイフォワードの強力打線が豊田サンボーイズを襲います。
ペイフォワード先頭打者の北岡選手が四球を選び出塁。盗塁を決めると、2番小林選手のレフトオーバーのタイムリースリーベースで生還。打者2人で先制点を奪います。

先制タイムリーのペイフォワード小林選手

打撃力だけでなく、それを生み出す選球眼にも優れるペイフォワード。その後も3番松田選手、4番樫原選手、5番石井選手、7番上田選手、8番藤井選手の安打に3つの四球と積極的な走塁で、初回にして11得点を挙げます。

頼れる4番ペイフォワード 樫原選手

苦しい初回となった豊田サンボーイズですが、ベンチからは「自分にプラスになる投球をしよう!打たれても良い!」と檄が飛びます。
その言葉を受けた豊田サンボーイズ本庄投手、2回には横山投手、今井投手が堂々としたピッチングで挑むと、ショート深谷選手が好判断でダブルプレー決める等、大量得点を許しながらも集中力を切らすことなく強さを見せます。

豊田サンボーイズ 本庄投手

しかしペイフォワードは、2番小林選手、4番樫原選手のタイムリーで2回にも追加点を挙げます。投げては先発松田投手の打たせて取るピッチングに堅い守備でランナーを許しません。

ペイフォワード 松田投手

3回に入ると豊田サンボーイズは向島選手にマウンドを託します。ショート中根選手がライナー性の当たりに鋭く反応しファインプレーを見せるなど三者凡退で裏の攻撃に勢いを付けます。

ファインプレーで応援席を沸かせた豊田サンボーイズ 中根選手

しかし投手陣の層も厚いペイフォワード。継投の竹岡投手もキッチリ3人で抑え、3回コールド勝利でペイフォワードが決勝戦進出を決めました!

ペイフォワード竹岡投手

Instagram>>準備中

第3位 豊田サンボーイズ

グレートブラザーズ(愛知) vs 三島東スピリッツ(静岡)

グレートブラザーズは初回、2番大桃選手がレフト前安打、3番佐合選手が四球を選び出塁すると、4番河村選手のタイムリーツーベースの間にホームイン。2得点を挙げます。

この試合2安打1盗塁のグレートブラザーズ 大桃選手

続く5番安田選手は、一塁線を抜ける打球を放つとそのままホームを陥れホームラン。2点を追加し、1回戦2回戦と完投勝利を挙げている三島東スピリッツ酒井投手から初回に4点を奪います。

安田選手のホームランに盛り上がるグレートブラザーズベンチ

その裏。三島東スピリッツは先頭打者の永島仁哉選手が難しい球に上手くバットを合わせ、レフト方向にツーベースヒットを放ちチャンスを作るも、グレートブラザーズ先発の安田投手のピッチングに後が続きません。

ツーベースを放つ三島東スピリッツ 永島仁哉選手

グレートブラザーズは2回にも4番河村選手のタイムリー安打で2点を追加します。

1回にはフェンス直撃のタイムリーを放ったグレートブラザーズ 河村選手

3回。三島東スピリッツは、グレートブラザーズこの回先頭の6番松本選手のスリーベース等で1点を追加され尚もノーアウト一二塁のピンチを迎えるも、セカンド中谷選手の好判断でダブルプレーをもぎ取り意地を見せます。

粘投を見せる三島東スピリッツ継投の斉藤投手

ところが三島東スピリッツは、その後もグレートブラザーズ先発の安田投手、継投の山田投手を打ち崩せず。
4回にも6番代打田中選手のタイムリー安打等で3点を追加したグレートブラザーズが、4回コールド勝利で決勝戦進出を決めました!

代打でタイムリーを放つグレートブラザーズ 田中選手

Instagram>>準備中

第3位 三島東スピリッツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました