試合レポート【プライドジャパン甲子園大会 全国大会決勝戦】

tournament

20211210Fri

それぞれの思いを胸に今年もこの場所で。

ミスターダイヤモンズ(大阪) vs MONSTA(愛知)

初回、表を打者3人で抑えたミスターダイヤモンズはその裏、先頭の中北選手が四球を選び出塁。続く杉野選手の打球がエラーを誘いランナー二三塁とすると、4番内田選手がレフト前タイムリーを放ち先制に成功します。

2回は両チームこの日Wヘッダー1試合目で共に完封勝利を収めたミスターダイヤモンズ熊山投手、MONSTA佐藤投手、両先発投手が三者凡退で終えます。

ミスターダイヤモンズ熊山投手
MONSTA佐藤投手

3回にはMONSTA7番真野選手がレフト前安打から盗塁を決める等三塁まで進むも得点には至りません。
対するミスターダイヤモンズもランナー二三塁のチャンスを作るもあと1本が出ず緊張した試合展開が続きます。

4回も先攻のMONSTA3番志村選手がライト前安打で二塁まで進みプレッシャーをかけるも、ミスターダイヤモンズショート林部選手の好守備により阻まれます。

ライト前安打を放つMONSTA志村選手
好守備でピンチを救うミスターダイヤモンズ林部選手

4回裏には、そのミスターダイヤモンズ林部選手がレフト方向に二塁打を放つも、MONSTAショート野上選手がミスターダイヤモンズベンチからも「ナイスショート!」の声が飛ぶファインプレーを見せ、両チーム一歩も譲りません。

ファインプレーを見せたMONSTAショート野上選手

試合が動いたのは5回。先攻のMONSTAはこの回先頭に代打畔柳選手を送ると、センター前安打で出塁。ここで代走に牧野選手を投入すると、その後2アウトとなったものの、ここまで扇の要としてチームを決勝まで率いてきた9番本田捕手にレフト前タイムリーツーベースが飛び出し、試合を振り出しに戻します。

5回裏をMONSTA平塚投手が無失点で終えると、6回は両チーム得点できないまま1対1で時間制限の90分を迎えます。

MONSTA継投の平塚投手

大会規定によりタイブレークは1アウト満塁からスタートとなります。尚も力投を見せるミスターダイヤモンズ熊山投手の前にすぐさま2アウトとなるも、MONSTA代打岩本選手が起用に応えライト前タイムリーを放ち勝ち越し。続く古家選手もレフト前へタイムリーツーベースを決め3点差へとリードを広げます。

タイムリーを決めるMONSTA古家選手

その裏。ミスターダイヤモンズは7番山内選手のタイムリーに、続く西川選手が犠牲フライを決め1点差まで詰め寄ります。

しかしMONSTAのチーム力の前にあと1本が出ず!強豪ぞろいの愛知県予選から勝ち上がったMONSTAが、2021年度プライドジャパン甲子園大会の王者に輝きました!!

優勝 MONSTA

準優勝 ミミスターダイヤモンズ

今年も冬の空気漂う12月の甲子園で、真夏のように熱い戦いを感じることができました。自身の目標・夢に続くのは、目の前の1試合、1イニング、1打席、1球で、その1球のための練習、勉強、努力の大切さを教えてもらいました。そんな自身やチームの努力、甲子園出場を決めた瞬間のマネージャーの涙、遠方から決勝戦の応援に駆けつける家族や仲間の応援、対戦してきたチームの思い、そのすべてが詰まったこのグラウンド。高校野球やプロ野球だけのものではなくて、野球に全力で取り組む誰もがその舞台に立つ夢を見られる大会だなと思いました!!

プライドジャパン甲子園大会
http://www.koshientaikai.net/

タイトルとURLをコピーしました