試合レポート【PJドリームカップ 神奈川県予選決勝】

tournament

20201101sun

桑田真澄・ワールドペガサス杯 神奈川県予選決勝と、続けて行われましたプライドジャパンドリームカップ 神奈川県予選大会にも参加させていただきました。

1回戦第1試合は勝負強さを見せたTWINS、第2試合は投手戦を制しよろずや、両チームが決勝へと駒を進めました。

よろずやがダブルヘッダー連勝で関東大会へ!

1回戦、決勝戦と、投手陣の活躍が光ったよろずや。決勝では大木投手が初回に1点を許すも、2回3回と満塁のピンチに動じることなく、要所を抑える粘りのピッチングで得点を与えず、よろずやを神奈川代表へと導きました。

決勝戦 好投を見せた よろずや大木投手

初回、表を無失点で終えたTWINSは、先頭打者の鵜島選手がレフト前安打で出塁し盗塁を決めると、2番小玉選手は四球を選び出塁し、初回からチャンスを演出します。続く3番中山選手の打球が、ダブルプレーを狙ったよろずやのエラーを誘い、先制点をもぎ取りました。

エラーを誘う走塁の TWINS中山選手

1点ビハインドで迎えた2回表よろずやの攻撃。
6番上田選手がセンター頭上を越える当たりで二塁まで進むと、続く宮本選手にもセンターオーバーの二塁打が飛び出し、得点を取り返しました。

二塁打を放った よろずや上田選手

8番倉本選手も安打で出塁すると、その後も効果的にランナーを溜め、2番井上選手の犠牲フライに3番鈴木選手の安打、4番村山選手の一塁線ギリギリを抜ける走者一掃の技ありタイムリー安打等、打者一巡の猛攻を見せ、この回一挙6得点を挙げました。

難しい球を拾い犠牲フライを決めた よろずや井上選手

3回以降両チーム得点を許さず、よろずやが関東大会進出を決めました!

ダブルヘッダーおつかれさまでした。

楽しい1日をありがとうございました!

プライドジャパンドリームカップ
http://pridejapan.net/dreamcup/

コメント

タイトルとURLをコピーしました