試合レポート【プライドジャパン甲子園大会ファイナルステージ決勝】

tournament

20201203thu

プライドジャパン甲子園大会。
阪神甲子園球場にて行われた決勝戦。全国650チームの頂点に立つのは!?

先攻 東北代表 株式会社タンガロイ

タンガロイ梶原監督
「やっぱり全国制覇をしたいと。そこを目標にやってきましたので。」

後攻 東海代表 JUWNES

JUWNES奥川監督
「緊張?してないです。充実感しかないですね。」

試合レポート

晴天の阪神甲子園球場。グラウンドはきれいに整備され、試合開始を告げるサイレンが鳴り響きます。

初回、タンガロイ先頭打者の吉田(洸)選手が四球を選び出塁、盗塁を決めますがJUWNES先発吉田選手の前に後が続きません。

JUWNES先発 吉田投手

その裏JUWNES2番前田選手、渡辺選手がボールを見極め続けて出塁すると、準決勝でホームランを放った5番村田選手が決勝の舞台でもレフト方向にタイムリー安打を決め、先制点を挙げます。

準決勝、決勝と大活躍のJUWNES村田選手

2回表。2アウトからタンガロイ7番吉田(修)選手が右中間を抜ける二塁打で出塁。続く宜志富選手は四球でチャンスを演出すると、9番竹沢選手のレフト前安打で吉田選手が生還し、試合を振り出しに戻します。

タンガロイ吉田(修)選手 この打球が右中間を抜けます

裏にはJUWNES山田選手がライト前安打で出塁するも、タンガロイ竹沢捕手が盗塁を許さず、追加点のチャンスを与えません。

盗塁阻止成功のタンガロイ

3回はどちらも得点を許さず、4回表。ここでJUWNESは準決勝で先発した可知投手を投入しますが、またも2アウトからタンガロイ宜志富選手がレフト前安打で出塁。盗塁を決めチャンスを広げると、9番竹沢選手が本日2本目のタイムリーで勝ち越しに成功します。

勝ち越しのホームに滑り込むタンガロイ宜志富選手

リードをもらったタンガロイ柏村投手は、その後4回5回と落ち着いたピッチングで強力JUWNES打線を封じ込め、初出場にして株式会社タンガロイがプライドジャパン甲子園大会2020の優勝旗を手にしました!!

選手、監督、マネージャー、サポートスタッフ。各地から応援に駆け付けた観客。審判員、アナウンス、整備等の運営チーム。それぞれにドラマがあって、全員が真剣で。楽しくてワクワクしっぱなしのファイナルステージでした。

優勝 東北代表 株式会社タンガロイ
準優勝 東海代表 JUWNES

関係者の皆様、ご協力頂きありがとうございました!!

Instagramにて写真を公開しています。
株式会社タンガロイ https://www.instagram.com/p/CIaY3yuFFBk/?utm_source=ig_web_copy_link
JUWNES https://www.instagram.com/p/CIabb7gFRMY/?utm_source=ig_web_copy_link

プライドジャパン甲子園大会
http://www.koshientaikai.net/

コメント

タイトルとURLをコピーしました