試合レポート【ZETT GRANDPRIX全国大会準決勝】

未分類

20220130Sun

広がる雲の隙間から時折日差しが差し込む冬のほっともっとフィールド神戸にて、2日間に渡り各地の予選を勝ち上がった代表チームによる決勝トーナメントが開催されました。準決勝の模様をお伝えします。

A Factory(大阪) vs Nomad.Yankees(東京)

先攻のNomad.Yankeesは初回。先頭の坂本選手がフルカウントから四球を選び出塁。5番郡司選手のライト前タイムリーで先制点を挙げます。

Nomad.Yankees郡司選手

その後2回3回と両チーム無失点で終え4回裏A Factoryの攻撃。この回先頭の5番森(志)選手が四球により塁へ出ると、6番中澤選手が三塁線を抜けるタイムリーツーベースで試合を振り出しに戻します。

2回戦では捕手もこなし守備でも活躍のA Factory中澤選手

さらに三塁を狙うA Factory中澤選手ですが、Nomad.Yankeesはレフト下牧選手の好返球でアウトを奪います。
しかし続くA Factory7番西本選手が放った打球がライト頭上をはるかに超えスタンドへ。ホームランで逆転に成功します。

直後の5回表。Nomad.Yankeesは代打で出塁した吉原選手が効果的に塁を進めると、2番山崎選手のサードゴロの間に好走塁を見せホームを陥れ、同点に追いつきます。

時間制限により最終回となった6回は両チーム安打も許さず同点のまま。1アウト満塁でスタートするタイブレークへ突入します。

この日ダブルヘッダーを投げ切ったA Factory甲藤投手

先攻のNomad.Yankeesが1点を挙げその裏。1番からの好打順で始まるA Factoryは、先頭の籾山(裕)選手が初球をとらえレフト前に運ぶとランナー2人が生還。逆転勝利を収め、決勝進出を決めました!

Shootingstars(福岡) vs 株式会社マイナット(愛知)

初回を両チーム先発のShootingstars菰田(晃)投手、株式会社マイナット安藤投手がそれぞれ三者凡退で終え2回。

株式会社マイナット先発の安藤投手

表を継投の松尾投手が無失点に抑えたShootingstarsはその裏。2アウトから6番久野選手が死球で出塁し盗塁を決めると、7番田中選手のセンター前タイムリーで先制点を挙げます。

この試合どちらも得点に絡む2安打を放ったShootingstars田中選手

先制を許した株式会社マイナットですが4回。この回先頭の1番世古口選手がセンター前安打で出塁。続く二俣選手が相手のエラーを誘いノーアウト二三塁とすると、3番瀧下選手、4番市川選手の打球にそれぞれホームへ生還し2得点。逆転に成功します。

株式会社マイナット世古口選手

しかし5回。表を1アウト二三塁のピンチから無失点で切り抜けたShootingstarsはその裏。7番田中選手がレフト前安打を放つと、8番倉重選手が送りバントを決め9番前田選手のセンター前タイムリーで同点とします。

タイムリーを放つShootingstars前田選手

準決勝2試合目も時間制限で6回が最終回となり、両チーム得点できずタイブレークに突入。1アウト満塁の場面からスタートします。

先攻の株式会社マイナットは、2アウトから8番山口選手のライト前タイムリーで1点を追加し勝ち越すと、最後は菊地投手がプレッシャーのかかる場面を冷静に抑え、決勝進出を決めました!

決勝タイムリーを決める株式会社マイナット山口選手

決勝は3月にプロスタジアムにて開催予定とのことです!※日程調整中

ZETT GRANDPRIX
http://pridejapan.net/zett/

タイトルとURLをコピーしました