試合レポート【桑田真澄・ワールドペガサス杯 全国大会決勝】

tournament

20210920Mon

埼玉県大宮けんぽグラウンドにて2日間で開催された全国大会。
決勝戦の模様をお伝えします。

準決勝ではタイブレークを制したイズム

最終回サヨナラ勝利を収めたBlack Army

両チームが決勝の舞台で対戦します。

Black Army(大阪) vs イズム(神奈川)

両チーム初回を無失点で終え2回表。先攻のBlack Armyは7番川村選手、9番加古選手が四球を選び出塁。1番谷田選手は死球を受け2アウト満塁となると、2番上島選手のライト前タイムリー安打で2得点。先制に成功します。

先制タイムリーを放つBlack Army上島選手
Black Army加古選手

Black Army3番中村選手もセンター前タイムリー安打で続き、この回計3得点を挙げます。

センター前タイムリーで続くBlack Army中村選手

先制を許したイズムですが3回表を三者凡退で抑え、その裏。2番藤本選手がレフト前安打で出塁すると、ここで代走に田村選手を送ります。

3、4、5回と三者凡退で終えるイズム杉浦投手

続くイズム3番高岡選手がセンター頭上を越える二塁打を放ち、1アウト二三塁。4番岡野選手の内野安打の間に田村選手がホームへ生還し1点を返します。

この試合2安打2打点のイズム岡野選手

さらにイズム5番伊藤選手の犠牲フライでこの回2得点を挙げ1点差と迫ります。

二塁打を放ちホームへ生還するイズム高岡選手

4回5回と両チーム先発のイズム杉浦投手、Black Army野麻生投手が無失点で切り抜け6回。

Black Army先発の野麻生投手

Black Army6番前里選手がレフトオーバーの当たりを放つとホームを陥れホームランに。流れを引き戻し4-2とリードを2点差に広げます。

Black Army前里選手のヘッドスライディング

最終回。表を継投の竹崎投手が無失点で終えたイズムは、この回先頭打者の東選手がセンター前安打で二塁まで進むと、4番岡野選手のタイムリー二塁打の間に代走の古屋選手がホームへ帰り、再び1点差へと詰め寄ります。

イズム継投の竹崎投手

2アウトを取ったものの、尚も二塁にランナーを背負うBlack Armyでしたが、先発の野麻生投手が最後まで落ち着いたピッチングを見せセンターフライに打ち取り、全国大会優勝を決めました!!

両チームベンチ内は常に明るく、エラー記録の無い1点差を争う白熱した試合。安打数ではイズムが上回ったものの、チャンスでの得点力を発揮したBlack Armyが第3回桑田真澄・ワールドペガサス杯の優勝旗を手にしました!

優勝 Black Army

準優勝 イズム

優勝、準優勝チームへは、トロフィーの代わりにワールドペガサス製のゴールドグラブ、シルバーグラブに、それぞれチーム名を入れて贈呈されます!!

桑田真澄・ワールドペガサス杯
http://pridejapan.net/kuwata.wp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました